ヘッダやメニューをスキップして本文へ直接リンクします

マーケティング用語集

0 - 9 / A - Z

DAGMAR理論

DAGMAR理論とは、ラッセル・H・コーリー(Russell.H.Colley)が全米広告主協会で1961年に発表したレポート、“Defining Adverting Goals for Measured Advertising Results(広告効果測定のための広告目標を定義すること)”で提言されている内容を指す。
コーリーは、コミュニケーションの過程が、Unawareness(未知)、Awareness(認知)、Comprehension(理解)、Conviction(確信)、Action(行動)の5段階に分けられるとし、各段階での効果指標となりうる数値(広告認知率など)を設定した上で、事前と事後での調査を実施することによって、それらの結果を基にした明確な広告目標の設定や広告効果の測定が可能となるとしている。


dagmar.jpg